« 達彦坊ちゃんキター! | Main | 着付け教室のお食事会 »

“のだめ”な次女&“千秋”長女

9月から 新しいピアノの先生にお世話になって2ヶ月が過ぎました。

そろそろ思春期に差し掛かっている(?)長女は、新しい先生と打ち解けて和やかにレッスン・・・というわけにはいかないのですが、新しいペースにはだいぶ慣れてきた模様。ソナチネ(先月で終了)もチェルニーも1週間で1曲仕上げペース。バッハも早ければ1週間・かかっても2週間です。
改めてチェルニーの教本見たら、去年の12月から今年の8月いっぱいまで、一曲も進んでないの。発表会やコンペがあったから仕方がないんだけど、それにしても・・・ひどすぎる。教室を変わって9月&10月の2ヶ月で、10曲進んでましたよ~~。

レッスンではただ間違わずに弾ければOK!ということではなく、テンポも曲想も、それなりのものを要求されるので、最初は終わりまで弾くのに精一杯で、レッスン中に(;_;)になることもありました。とにかく練習命!のヒトですから、練習でやらなかったことを言われるとパニックになっちゃうの。まじめ人間だからね。先生いわく「典型的“千秋”タイプ」とのことです(先生も「のだめカンタービレ」ご覧になっているんです~~)
最近は譜読み=仕上げるつもり、で練習しているようです。そうしないと、このペースには乗っかれません。
もう少し、新しいお教室に慣れて、精神的に硬さが取れてくればもっといいのだけれど、そこは慎重派の長女ですから、もう少し時間がかかりそう・・・あせらずゆっくりいきましょう♪

長女とは真逆で、次女は最初からかっとばしてくれてます(笑)
今までのお教室では、30分のレッスン中、半分以上おしゃべりに費やしていたのがウソのように、お稽古中は集中・・・でも愛嬌振りまくのも忘れず・・・・つまり、家にいるのと同じ、自然体でノビノビ、なんです。
先生も次女と波長が合うのか、とてもかわいがってくださって、お稽古が終わって長女のレッスンの間、次女に「次女ちゃんはココで寝てなさい」と先生の足元に転がしておくんですよぉ~~。
最初はきゃーそんなお行儀の悪い!と青くなりましたが、そこで本当に寝入ってしまう次女・・・。

先生から「この子、“のだめ”みたいだねぇ~~」と言われております。

ちなみに。
先生とうちの長女・次女の性格の違いの話から、二人の机の上が全然違うんですよ!と言ったら、先生が「当てさせて~~~~!長女ちゃんはいつもきちんと片付いてる・次女ちゃんはごちゃごちゃ、でしょ??」と言われました。

先生、ビンゴ!!です。
こんなところでも “のだめ”と“千秋”になってる我が家の姉妹でした。

|

« 達彦坊ちゃんキター! | Main | 着付け教室のお食事会 »

「あ&こ のぽっけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68695/12692144

Listed below are links to weblogs that reference “のだめ”な次女&“千秋”長女:

« 達彦坊ちゃんキター! | Main | 着付け教室のお食事会 »